安心と信頼の修理店を目指します。

iPhone修理の中で1番多い修理が「画面修理」になります。

精密機器の修理は見えない箇所ほど性能に関わる大事な作業になります。当店では「作業の質」を重点に置き見えない箇所も丁寧に修理させていただいております。

iPhone XS フレキシブルOLED

画面の破損状況確認
液晶の映りやタッチ操作の確認を行い、ガラス割れ修理または液晶修理の判断をさせていただきます。
液晶パネルの脱着作業
破損した液晶パネルを取り外し、ホコリや水分などの侵入状況を確認いたします。水の侵入があった場合はお客様にご報告させていただきます。
EEPROMデータ移行(8シリーズ以降の機種)
8シリーズ以降の機種にはTrue Tone機能が装備されているため、古いパネルから新しいパネルへ専用の機械でEEPROMデータを移行させます。(データを移行しないとTrue Tone機能が失われてしまいます。)
付属部品の取り外しと取り付け
液晶パネルに取り付けられている、ホームボタンやカメラ、スピーカーを古いパネルから新しいパネルに付け替えます。
内部クリーニング
内部に入ったホコリとフレームとパネルの間に溜まった汚れを除去します。また同時に古い防水パッキンも剥がします。この作業をしっかり行わないと新しい防水パッキンがホコリを噛んでしまい防水機能が薄れてしまいます。
防水パッキン取り付け
クリーニングしたフレームに新品の防水パッキンを取り付けます。※防水パッキンを再利用しますと溝のホコリが防水パッキンに付着してしまい防水機能が失われます。
液晶パネル取り付け作業
付属部品を取り付けた新しい液晶パネルを本体フレームに取り付けします。防水パッキンに隙間が生じないよう全体に圧力をかけて密着します。
操作確認
取り付け完了後、お客様に操作を確認していただき、修理の完了になります。